参宮旅行 part8

参宮旅行最終日は生憎の雨。
雨にも負けず、バスは一路京都の御所へ。

h260413 sanguu01_3995

京都にバスが着いたのですが、当然雨。
一同傘を差しながら御所内へ。

h260413 sanguu02_3996

何と言いますか、平安朝そのままといった感じで圧巻です。

こちらは歴史の資料や古典で御馴染の紫宸殿。

h260413 sanguu03_4001

PR映像でよく目にする蹴鞠を行う蹴鞠庭。

h260413 sanguu04_4007

ガイドさんの説明も熱が入り、

h260413 sanguu05_4006

結局、見学予定時間をオーバーしてしまいました。
京都御所も興味が尽きませんね。


今回の旅行で、
お多賀さんと京都御所を訪れたのには、
それなりの理由があるのです。
お伊勢お多賀の子でござるはpart2で紹介した通り。
お伊勢さん(天照大御神)の直系が天皇家。
お伊勢さんを中心に、親、子、子孫という繋がりを
巡ってみようというのが、参宮プラスαとなって、
今回の日程となったのです。

京都を後にした一行は新大阪駅でバスとお別れ。

h260413 sanguu06_4009

行き同様、新幹線で小倉へ。
バスで戸明神社まで戻り、解散です。
皆さんお疲れ様でした。

参宮旅行 part7

内宮・外宮、二見興玉と無事に参拝。
バスは鳥羽のホテルへ。
今日は連合会全員が同じ宿です。

この旅行のメインイベントである、
内宮御垣内参拝を無事に終えた事もあり、
皆さん清々しいお顔をされています。

当然のように夜は宴会といいますか、お直会です。
少々形式ばって紹介しますと、
宮司からの御礼と御挨拶にはじまり、

h260412 sanguu01_3972

氏子連合会会長からのお言葉、乾杯。

h260412 sanguu02_3973

その後は、昨日に続きカラオケ大会等、

h260412 sanguu03_3980

大いに盛り上がりました。
勿論(?)最後のしめは
全員が輪になっての炭坑節です。

h260412 sanguu04_3987


皆さん大神様のお蔭を十分にいただいてるご様子に、
我々も嬉しい限りです。
お直会の夜はまだまだ続きましたが、割愛します。
次回最終日に続きます。

参宮旅行 part6

外宮に到着です。

h260411 sanguu01_601

外宮には豊受大御神が祀られています。
所謂食物神とされています。

こちらは内宮程の混雑ではありませんでしたが、
それでも多いです。
参道を進み正宮へ。

h260411 sanguu02_3954

こちらでも御垣内参拝を行いました。
その後、遷御の儀を終えて無神(笑)になった
古いほうの正宮を拝観しました。

h260411 sanguu03_3951

日頃中々出来ない経験に、皆さん感激されたご様子です。

外宮参拝後、バスは二見に向かいます。
お目当ては勿論二見興玉神社。

h260411 sanguu04_3958

夫婦岩で有名な神社です。

海ベタに建つ神社故、コンクリート製の社殿なのはご愛嬌。

h260411 sanguu05_607

昔は本当に大変だったと思います。
現代に至るまで神社として存続出来たのは、
ひとえに地元の信仰心によるものなのでしょうね。
立地条件と信仰形態、我々が常に考えなければならない問題ですね。

話が少し違う方向にいきそうなので、ここらで修正。
御祭神は道案内の神として有名な猿田彦大神です。
二見と言えば夫婦岩の御来光。

h260411 sanguu06_3965

我々がお参りしたのは夕方なので・・・
いつか見てみたいものですね。

さて、境内には「天の岩屋」なるお社が。

h260411 sanguu07_3964

岩戸神話で舞を舞った鈿女(ウズメ)様は、
猿田彦大神の奥さんなんですよね。
それ故、この様なお社があるのではないかと推測されます。
岩戸神話に縁の深い我々には外せないですね。

次回に続きます。

参宮旅行 part5

岩戸屋さんで昼食。

h260409 sanguu01_599

本当に、色々な所から参宮に来ていますね。
しかし、戸明神社氏子連合会が岩戸屋って・・・(笑)
出来過ぎな気がしますが、偶然です。

おはらい町をしばし散策。

h260409 sanguu02_593

伊勢特有の注連飾りがあちらこちらに。

h260409 sanguu03_597

伊勢では年中この注連飾りをつけているんですよ。

さて、学生時代を伊勢で過ごした権禰宜の案内で某店へ。
凄い人気で行列が出来ています。

h260409 sanguu04_594

お目当てはこちらの、コロッケと串カツ。

h260409 sanguu05_3949

御垣内参拝が無事に終わりホッと一息、ささやかな直会です。

おはらい町の至る所に「奉祝」提灯が。

h260409 sanguu06_573

それもそのはず、
天皇陛下が神宮に行幸されるのです。
それに伴い、午後1時から内宮の参拝が完全停止されるのです。
それ故急ぎ足で内宮に向かっていたのですよ。
宇治橋前ではお出迎えしようとする人が既に場所取りを開始していました。

h260409 sanguu07_598

我々も是非立ち合いたかったのですが、
聞けば後1時間は待つ事になるだろうとの事。
泣く泣く諦めてバスへ。

次は外宮に向かいます。

参宮旅行 part4

3月25日

本日はいよいよお伊勢参りです。
バスは颯爽と伊勢路へ・・・

と、何でもかんでも都合よく進む事はなく、
ガッツリ渋滞にはまりました。
旅にトラブルはつきものです。
内宮であげる神楽の時間(十一時)の都合、
外宮より先に内宮を参拝する事にしました。

本来ならば、外宮→内宮の順なんですけどね。

さて、何とか伊勢に到着したバスですが、
本日は交通規制がありまして・・・宇治橋前の駐車場は使えないのです。
代わりに県営総合競技場の駐車場へ。
ここから徒歩で内宮に向かいます。

これが中々、歩く歩く。

h260408 sanguu01_3939


途中、神宮の奉製所前を通過、

h260408 sanguu02_3940

おはらい町を突っ切って、

h260408 sanguu03_572

ようやく宇治橋前です。

h260408 sanguu04_575

それにしてもすごい人です。
正に黒山ですね。
人の波に乗りながら、何とか神楽殿へ。

h260408 sanguu05_3942

御神楽奉納後、いよいよ正宮に向かいます。

勿論ここも人・人・人。

h260408 sanguu06_3943

式年遷宮が多種多様なメディアに取り上げられた結果なのか、
少し前にあったパワースポットブームの影響なのか、
老若男女隔てなく伊勢に押し寄せている感がします。
しかし、石段より上は撮影禁止にもかかわらず、
撮影されている方が散見しました。残念な事ですね。


宿衛屋に参拝の旨を申し出て、戸明神社氏子連合会一同は
お祓いを受けた後、外玉垣内に進み御垣内参拝を行いました。
一同、無事に参拝できたことに感謝です。

写真は新御殿を横手から撮影。

h260408 sanguu07_587

他のお社も参拝したかったのですが、
あまりの人の多さと昼食場の都合で割愛。残念無念です。

宇治橋前にて記念撮影を行い、昼食へ。
長くなったので一旦区切ります。
プロフィール

あめのたっちゃん

Author:あめのたっちゃん
戸明神社の出来事を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR